2011年 09月 23日
TakeT BATPURE
重さ約1gで、指先ほどの大きさしかないスーパーツィーターTakeTBATPUREを試してみた。
一般的なスーパーツィーターよりも扱いやすく、これをSPの入力端子にかましても、何も接続していないのとほとんど変わらず、アンプなど他の機器に負担がかからないそうです。

ツィーター用の線材は、高音表現に定評がある・・・・・・・・・らしい(笑)Belden 8460(1m/240円)を使用、バナナプラグはトモカ電気製の@270円のものを用意。
費用対効果を全く実感できない線材や接続アクセサリーには金をかけません(苦笑)

BATPURE本体は非常に小さいものですので、そのままの状態では扱い難いため、SPに直接貼り付けるか、セッティングの自由度を重視し、スーパーツィーターとして独立させる場合は、ウッドブロック等に貼り付けて使用することになります。
今回は、後者で自作しようと部材をいろいろ調べていたところ、或るスピーカー工房で、BATPURE用のホーンを制作頂けるとのことで、早速制作頂くことにしました。
使用木材は、本体部はカバ桜、ホーン部はカリン材です。



さて、効果の程は・・・





f0228989_9412835.jpg
TakeT BATPURE

果たして、指先ほどの大きさのツィーターから、聴感上の変化を実感できるような効果を実感できるのか・・・。
購入前は半信半疑でした。



しかし!



そんな不安は一気に吹き飛んで、出てきた音は、いつもより霞みが取れて見通しがよくなり、変化を最も感じることができたのは、高音部だけでなく、音が全体的にクリアにリアルになり、ピアノや弦楽器が気持ちよく鳴ってくれています。
ツィーターに耳を当ててみましたがどんな音が出ているか分かりません(^^;
故障かと思いましたが、明らかに何かが違います・・・。
アーティストの息遣いが加わり、弦の音がより自然に聴こえるようになったのが印象的でした。
こんな程度のもので、音の印象をガラリと変えてしまうのには正直驚きですね・・・。

決して大きな変化ではありませんが、評判通り、BATPUREを使うと確かにあやふやさが無くなり、より気持ちよく音楽に集中できます。
料理に加える隠し味的スパイス・・・と書くと分かりやすいでしょうか。
味として明確に判別はできないが、決して濃い味付けではないのに風味が豊かでコクがある・・・そんなイメージです。

あっ・・・もちろん、人によって感じ方が違うので、自分で試してみるのが一番かと(^^;
あくまで、個人的な感想ですので。。。


f0228989_9415226.jpg
同種のより高額なものは、もっと凄いんでしょうけど、私のシステムではこれで十分と感じました。
少ない投資で、音にこれだけ絶妙なスパイスが加われば、何も言うことはないでしょう。
費用対効果は期待以上です。


f0228989_943524.jpg
今回購入させて頂いた試作品は、非常に丁寧に作られており、製品化されてもよいのではと思いました。
[PR]

by snrh | 2011-09-23 10:15 | Audio


<< アメ村      untitled >>